1. ホーム
  2. 観光スポット
  3. 検索結果

観光スポット

歴史

検索結果:23件該当しました。

田村神社 一関・東山

坂上田村麻呂を祀る神社。田村家が一関に常駐するようになった大正時代に、東京の田村屋敷から釣山公園に社殿を移しました。

詳しく見る

松尾芭蕉二夜庵跡 一関・東山

芭蕉が一関・平泉を訪れた際、泊まったと伝えられる磐井橋付近の金森邸。ここに2泊したことから「二夜庵」と呼ばれています。

詳しく見る

時の太鼓 一関・東山

江戸時代、幕府より特別待遇を受けて許された一関藩の時の太鼓。昼夜12時の時を告げてきましたが、現在は長昌寺に納められています。

詳しく見る

保性院廟厨子 一関・東山

祥雲寺に安置されている、県指定有形文化財の木造屋型厨子。伊達政宗の側室で宗勝の母・保性院の木像が安置され、桃山風の霊廟建築が見事です。

詳しく見る

大夫黒顕彰碑 千厩・川崎

源義経の愛馬大夫黒は馬産地・千厩産と伝えられています。藤原氏三代秀衡が自身の愛馬を義経の出陣の際に贈ったもので、「一の谷の合戦」の鵯越えで活躍したことでも知られる名馬です。

詳しく見る

大籠キリシタン殉教公園 花泉・藤沢

江戸時代のはじめ、300人を超すキリシタンが大籠で殉教しました。大籠キリシタンの布教と殉教の歴史を伝えるために整備された公園です。

詳しく見る

宗松寺の杉並木 一関・東山

山の中腹にひっそりとたたずむ宗松寺の参道に、樹齢460年と推定される杉並木があります。 参道の脇には沢があり、静かな水音が聞こえます。 参道にはコケが生え緑のジュータンとなり、木漏れ日の中で六地蔵が参拝者...

詳しく見る

芦東山記念館 大東・室根

芦東山(1696~1776)は、我が国の刑法思想の根本原理を論じた「無刑録」の著者で、近世史中期に活躍した仙台藩の儒学者であり、第5代藩主伊達吉村公に仕えました。 1737年に講堂座列に関する願書を出した結果、評定所...

詳しく見る

高野長英の「小森塾」 大東・室根

幕末の蘭学者・高野長英(1804~1850)は、11歳から16歳までを大東町興田で医業と学術を営む祖父のもとで過ごしました。「小森塾」は、長英が地域の子供たちに漢学を教えた場所です。 建築から200年余りが経ち倒壊の危...

詳しく見る

せんまや街角資料館 千厩・川崎

葉たばこ生産で栄えた千厩町の歴史を物語る旧専売局葉タバコ専売所の建物。現在は街角資料館として葉たばこ関連の資料や生活文化資料が展示されています。建物は平成17年度に国の登録有形文化財に登録されました。

詳しく見る

ページトップに戻る