1. ホーム
  2. 観光スポット
  3. 三賢人像(大槻玄沢・大槻磐渓・大槻文彦)

観光スポット

三賢人像(大槻玄沢・大槻磐渓・大槻文彦)

一関・東山

検索テーマ:観る・遊ぶ 歴史 

大槻 玄沢(1757~1827)  一関藩医玄梁の長男で建部清庵の門弟。杉田玄白から蘭方医学を、前野良沢からオランダ語を学び、オランダ語の入門書「蘭学階梯」を著わしました。江戸にわが国初の蘭学塾「芝蘭堂」を開いたほか「解体新書」を改訳し「重訂解体新書」を完成させました。 大槻 磐渓(1801~1878)  玄沢の二男で、開国を唱えた和魂洋才の儒学者。仙台藩の藩校・養賢堂の学頭を務めました。戊辰戦争時には、藩政を左右するほどの思想的影響力を持ちましたが、戦後一時投獄されました。「近古史談」などの著書があります。 大槻 文彦(1847~1928)  磐渓の三男。29歳で文部省から辞書の編集を命じられ、16年の歳月をかけてわが国初の辞書「言海」を完成させました。日本辞書史上不朽の名著として名を残しています。その後新たな辞書編集に取り組み、文彦没後の昭和10年「大言海」として刊行されました。

基本情報

連絡先 一関観光協会
所在地 一ノ関駅前
営業時間・定休日
電話番号 0191-23-0066
FAX番号 0191-23-0066
料金 無料
交通アクセス
(JR・バス・徒歩)
岩手県一関市駅前67-1
交通アクセス(車) 岩手県一関市駅前67-1

周辺地図

前のページに戻る

ページトップに戻る