1. ホーム
  2. モデルコース
  3. 07.の〜んびり ローカル線で巡る猊鼻渓〜中尊寺

モデルコース一覧に戻る

モデルコース07:の〜んびり ローカル線で巡る猊鼻渓〜中尊寺

コース内容:総所要時間約7時間28分

モデルコース07 の〜んびり ローカル線で巡る猊鼻渓〜中尊寺

9時00分スタート 一関駅を出発

電車で約30分

JR大船渡線(所要時間:約30分)

ドラゴンレールで巡る、のんびり旅。

線路が龍のかたちをしていることから、「ドラゴンレール」として親しまれている大船渡線(気仙沼〜盛岡運休中)。一関を広範囲でのんびりと観光するには、このローカル線の旅がおすすめです。ゴトンゴトンと心地よいリズムで走るドラゴンレール、その車窓に現れるのは雄大な山々、清らかな川、牧歌的な田園風景。そして街の趣も垣間見ることができます。流れゆく景色をじっくり味わいながら、目的地への思いを膨らませる。沿線には途中下車をして楽しみたい観光スポットが揃っています。

ホームページ JR東日本 時刻表

9時40

徒歩5分

猊鼻渓(所要時間:約135分)

世にも稀なるこの景色 猊鼻渓名物、舟下り

砂鉄川の浸食で形成された高さ50mもの絶壁がそそり立つ、日本百景・猊鼻渓。名物は、船頭が竿一本で巧みに操る「ひらた舟」で行く舟下り。春の新緑から藤の花、山百合、ゲイビセキショウ、そして秋の紅葉と四季折々の美しい景色が迎えてくれます。冬には「こたつ舟」が運行され、木流し鍋を食べながら水墨画の世界を堪能。船頭が唄う「げいび追分」を聴きながら、往復90分の舟遊びをお楽しみください。国の史跡名勝天然記念物、名勝に指定されています。

住所 一関市東山町長坂字町467
電話番号 0191-47-2341(げいび観光センター)
舟下り発船時間 8:30~16:30(4/1〜8/31)、
8:30~16:00(9/1〜11/10)、
8:30~15:30(11/11〜20)、
9:30~15:00(11/21〜3/20)、
9:30~15:30(3/21〜31)
こたつ舟運行期間 12〜2月末
ホームページ http://www.geibikei.co.jp/funakudari/

9時45

バスで約32分

道の駅平泉(所要時間:約88分)

食べる、買う、集う 平泉の新名所でランチタイム!

平成29年4月にオープンした道の駅。季節ごとの新鮮な農作物や特区指定のどぶろく、地元産大文字りんごのワインなど、平泉の美味しいものが揃うグルメスポットです。レストランでは、いわて南牛カレーやりんごソフトクリームなど、地元食材を使ったメニューが人気。土日祝日限定のバイキングも好評です。お食事とお買い物を楽しんだら、重い荷物は平泉駅のコインロッカーへ。平泉駅までは平泉町巡回バス『るんるん』で約2分、のんびり歩いて約15分です。

住所 岩手県西磐井郡平泉町平泉字伽羅楽112-2
電話番号 0191-48-4795
営業時間 9:00〜18:00(冬季は17:00まで)
定休日 年中無休
ホームページ 道の駅平泉.com

12時32分

バスで約15分

中尊寺(所要時間:105分)

世界遺産に認定された清衡が思い描いた浄土思想

嘉祥3年(850)慈覚大師が開山。その後、奥州藤原氏初代・清衡が寺塔40余、僧坊300余の大伽藍を造営しました。建武4年(1337)の火災で消失しましたが、国宝建造物第1号の金色堂が創建当時のまま残り、堂内には藤原氏三代の遺体と四代・泰衡の首級が納められています。国の特別史跡に指定されるほか、2011年には世界遺産に登録。紺紙金銀字交書一切経や金銅華鬘など3000点を超える国宝や重要文化財が収蔵され、平安仏教美術の宝庫となっています。

住所 平泉町平泉字衣関202
電話番号 0191-46-2211
拝観時間 8:30~17:00(3/1〜11/3)、
8:30~16:30(11/4〜2月末)
ホームページ http://www.chusonji.or.jp/

14時10分

バスで10分

14時5 平泉駅

電車で約8分

16時28分 ゴール 一関駅に到着

モデルコース一覧に戻る

ページトップに戻る